理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士
どんな仕事をするの?
理学療法士の国家試験
理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士

様々なことが原因で身体にけがや障がいを負ってしまった人に対して、医師らと協力し、治療やリハビリテーションを行う理学療法士は、人の健康に携わる重要な職業です。身体機能を回復させるための技術だけではなく、福祉・医療に関する豊富な知識や患者さんとのコミュニケーション能力なども必要になります。

理学療法士を知ろう!

理学療法士を知ろう!

病気や障がいを持っている人たちの役に立つ仕事がしたい!そう思って、様々な職業の中から理学療法士への道を選ぶ人も多くいるでしょう。

ですが、みなさんは理学療法士がどんな人で、どういった仕事をするのかを詳しく知っているでしょうか?人の健康に携わる大切なこの職業について、よく知っておく必要があります。

どんな性格の人が適しているのか、理学療法士の歴史、仕事内容、どんな人に対してリハビリテーションを施すのか、それから作業療法士との違いなどについても取り上げています。基礎知識として、頭に入れておいてくださいね。

理学療法士って?
どんな仕事をするの?
作業療法士の違い

活躍の場

福祉施設

晴れて理学療法士になったら、どんなところで働くことができるのでしょう?それぞれがリハビリテーションの専門家としての自覚と誇りを胸に、色々な場所で活躍しています。病院や福祉施設だけではなく、スポーツ施設、学校など…最近は理学療法士の活躍の場がどんどん広がってきています。

どんな職場で働く場合も、その目的は様々な身体的ハンディキャップを持つ人がリハビリテーションで、よりスムーズな動作ができるようになり、快適な生活を送れるようにすること。その目的を忘れずに、訓練・指導を施した人(患者さん)の笑顔を励みに仕事に邁進(まいしん)しましょう。

医療機関
福祉施設
スポーツ関連施設
在宅ケア
教育機関
介護予防教室

理学療法士を目指そう!

理学療法士を目指そう!

理学療法士になるには、どうすればいいのでしょうか?この仕事に就くためには、国家試験に合格し、資格を取得しなければなりません。プロとしての道は、そこから始まります。

国家試験に合格するため、厚生労働省指定の養成校で3年以上学び、専門の知識と技術を身に付ける必要があります。

そこで、実際に臨床実習なども経験し、知識・技術の向上とともに、プロとして働くことへの意識を高めていきます。併せて、気になる給料や年収に関しても記載しているので、参考にしてください。

厚生労働省指定の養成校
国家試験
理学療法士の給与・年収

このページの上に戻る

[ おすすめサイト ]