理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

理学療法士の給与・年収

福祉、介護職は一般的にとてもやりがいのある仕事ですが、その分体力的にも精神的にもキツイ仕事とも言えます。理学療法士になったら、どれくらいの額の給料をもらえるのかが気になるところです。理学療法士の給与・年収が、一体どれくらいになるのかを紹介しましょう。

理学療法士の給料

リハビリ
理学療法士は、給料をどれくらいもらっているのでしょうか?病院や福祉施設など、職場によっても違いますし、地域によっても差が出てくるので、一概には言えません。

初任給

理学療法士の初任給は、16万円くらいのところもあれば、30万円以上というところもあります。一般的には、初任給で平均して約18~22万円程度のところが多いようです。初任給に関しては、あまりにも高額すぎると、ちょっと勘ぐってしまうこともありますね。

平均月収

月収はと言うと、平均的には27.5万円程度になります。もしかしたら普通のサラリーマンと同じくらいか、または少ないかもしれません。福祉・医療系の仕事は“高給取り”というイメージがある人も多いでしょうけど、それほどではないことが分かるでしょう。

平均年収

平均年収にもばらつきが出ますが、約300~400万円になります。この平均年収には、年間賞与額が含まれています。たいていの場合、賞与の支給回数は年2回で、その合計額は約63万円とされています。

福利厚生

職場にもよりますが、理学療法士の場合、福利厚生が比較的充実しています。休暇、社会保険以外の福利厚生を見てみましょう。福利厚生がしっかりしているのは、一般的に病院または病院付属の福祉センターなどになります。

職員寮

職場の敷地内に、職員寮が完備されていることが多いです。職場によって異なりますが、大規模病院などの場合は、職員寮が用意されていて、希望者は入居することができます。

互助会制度

新年会・忘年会、旅行など、理学療法士を含む職員同士あるいは、その家族が親睦を深めるための互助会制度というものがあります。また、職場によっては、この互助会制度に院内診療費免除が含まれます。

クラブ活動

仕事から離れて心身ともにリフレッシュしてもらおうと、バスケットボールやテニス、野球、バレーボール、書道、華道など、様々なクラブ活動を行っているところも少なくありません。

やりがいを大切に

男性

給与・年収を見てみると、高い給料を思い描いていたのなら、なおさらガッカリする人もいるでしょう。理学療法士は仕事が大変なわりには、給料はあまり多くない…というのが現実のようですね。

ですが、そこは人と関わる仕事なので、やりがいを第一に考えましょう。給料が高くても、やりがいを感じない仕事は続きません。

このページの上に戻る