理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

厚生労働省指定の養成校

理学療法士になることを決意し、国家試験を目指すには専門知識を学ぶことができる学校に入らなければいけません。ここ数年で、厚生労働省指定の養成校の数が急激に増えました。養成校には社会人入学する人も多く、3~4年の間に幅広い専門知識を学び、臨床実習を行います。

専門学校と大学の違い

学校

理学療法士養成校は大きく、大学と専門学校に分けられます。理学療法士学科がある大学は4年制と3年制、専門学校の場合も同じく3年制、または4年制があります。

理学療法士になるためには、厚生労働省指定の養成校で3年以上学ばなければならないという規定があるので、年数的にはどちらの学校で学んでも大きな違いはないでしょう。

ただ、学生と教員との距離間を見てみると、そこに違いが出てきます。専門学校は、大学よりも比較的先生と学生の交流が頻繁に行われることが多いです。一方で、大学の場合は、講義のときだけに限られえることも少なくありません。

養成校で学ぶこと

養成校
理学療法士の養成校では、幅広い専門知識を身に付けることができます。主な学習内容を見てみましょう。ちなみに、ここで取り上げるものは、ほんの一部です。また、大学・専門学校によって、学習内容は異なります。

基礎分野

心理学・倫理学・生体工学・統計学・情報処理・英語(医学英語を含む)、保健体育など

専門基礎分野

解剖学・生理学・運動学・人間発達学・臨床心理学・病理学・内科学・整形外科学・神経内科学・脳外科学・精神医学・小児科学・リハビリテーション概論など

専門分野

理学療法概論・動作分析学・理学療法評価論・運動療法学・物理療法学・義肢装具学・日常生活動作学・地域理学療法学・生活環境学・リハビリテーション機器など

実習について

大学・専門学校によって実習の過程は異なりますが、たいていの場合は2年生になると臨床実習が始まります。患者さんを目の前にした実習を行うことで、実践的な力がつき、国家試験合格へグンと近づくことができます。

それぞれの患者さんの状態に合った治療プログラムを作り、それに沿って治療していきます。実習先には、先生が必ず訪問指導をしにきてくれて、不要なプログラムにはチェックが入ります。技術面が磨かれるだけではなく、患者さんの状態が改善されたことで味わった充実感は、その後のモチベーションアップにもつながっていきます。

このページの上に戻る