理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

作業療法士との違い

リハビリテーション医療にかかわる職業として、理学療法士とともに知られているのが、作業療法士です。理学療法士と作業療法士の違いは何なのでしょうか。2つの職業の違いを見ていくことにしましょう。障がいの種類によっては、理学療法士が療法行為を行えない場合もあるため、注意が必要です。

理学療法士の目的

リハビリ

理学療法士の仕事の主な目的は、身体機能が低下したことで座る、立つ、歩くといった日常生活の基本的な動作がスムーズに行えない人に対して、その動作能力を回復させることにあります。

身体的な障がいに対して、運動療法と作業療法の両面から治療・訓練を行います。それによって今まで立つことができなかった人が立てるようになったり、物を持つことができなかった人が持てるようになったりします。

一般的には上肢・下肢両方のリハビリテーションを行いますが、理学療法士の仕事は下肢のリハビリテーションというイメージを持っている人が多いかもしれませんね。

作業療法士の目的

園芸

理学療法士が基本的な動作能力の回復をサポートするのに対し、作業療法士の仕事の主な目的は、応用的動作能力や社会適応能力をきちんと身に付けさせることです。

理学療法によって回復した身体の基本的な機能を、さらにスムーズに使えるようにするために、手芸や織物、園芸など様々な作業を通してリハビリテーションを行います。作業療法士によるリハビリテーションは、一般的に上肢に対して行うことが多く、理学療法が終わってから、または理学療法と並行して行われます。

理学療法士ができないことって?

理学療法士の場合、精神障がいを持つ人に対して療法行為を行うことはできません。これは、専門施設で精神障がいがある人にリハビリテーションを行うことができないということです。

専門施設でない場合は、けがや身体機能の衰えなどによって色々なハンディキャップを抱えてしまった人の精神的ケアもする必要があります。理学療法士は基本的な身体機能を拝復させることばかりに集中するのではなく、精神的な不安などを取り除くことも大切な仕事になります。

このページの上に戻る