理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

理学療法士って?

医師の指示に従い、身体に何からのハンディキャップを持つ人たちに、様々な理学療法を通してリハビリテーションを行う人が、理学療法士です。高齢化社会に伴い、そのニーズは年々高まっています。子供から高齢者まで、幅広い年齢層の人たちの身体機能回復を図り、社会復帰の手助けをする専門職になります。

理学療法士とは?

病気やけがによって、身体が不自由になってしまったり、身体に痛みを感じる人にリハビリテーションを行い、身体機能を回復する手助けをする人を理学療法士と言います。理学療法士は、ハンディキャップを持つ人の基本的な動作能力回復させるための様々なリハビリテーションを行います。そして、身体機能をできるだけ元の状態に戻すようにします。

ビッタリなのは、こんな人!

男性

何か人のために役立ちたい人はもちろんのこと、
相手の立場になって物事を考えることができる人、
話し上手・聞き上手な人、
明るい人、
体力に自信のある人

などが理学療法士に向いています。

理学療法とは

リハビリイメージ

理学療法は、身体にハンディキャップのある人に対して、起き上がる・座る・立つ・歩くといった基本的な動作能力維持・回復を目的としています。

精神的なケアもしながら、科学的根拠に基づいた運動療法・物理療法・日常生活動作訓練などを行うものです。この療法を通し、リハビリテーションしていくことによって身体機能のバランスを取り戻すことができます。

理学療法のもう少し詳しい内容については、【どんな仕事をするの?】のページで紹介しているので、そちらを読んでみてくださいね。

理学療法士の今

“理学療法士の今”を説明する前に、少し昔にさかのぼってみたいと思います。

理学療法士の誕生

日本で初めて理学療法士が誕生したのは、1966年のことです。第1回目の国家試験が行われ、183名が理学療法士の資格を手にしました。同年、日本理学療法士協会が設立し、8年後の1974年には世界理学療法連盟に入りました。

理学療法士の現状

理学療法士が誕生してからというもの、彼らは様々な場で活動しています。養成校の数も増え、数多くの理学療法士が誕生しています。高齢化社会が問題となっている今、医療・福祉の分野では、とても重要な存在として注目されています。

このページの上に戻る