理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

どんな仕事をするの?

病気やけがなどで身体が不自由になった人の身体機能を回復させ、社会復帰のサポートする理学療法士の仕事は、具体的にどんなことをするのでしょう?一口に理学療法と言っても、様々な方法があるので、年齢や身体の状態に合わせて治療法を選ばなければいけません。また、心のケアも忘れずに行う必要があります。

理学療法とは?

ベッド
理学療法士の仕事は、理学療法を行うことです。病気やけがが原因となり、起き上がる、座る・立つ、歩くというような日常的な動作ができなくなったり(または、動作をしにくくなったり)、身体に痛みを感じるようになった人に施す治療のことを、理学療法と言います。さっそく、どんな療法なのかを紹介しましょう。

運動療法

“曲げ伸ばし”“ひねる”などの運動によって、手足や腰などのかたくなった筋肉、関節を動きやすくします。

水治(すいじ)療法

水中では浮力によって、手足が動かしやすくなります。この療法は運動療法の補助として行うことが多いです。

温熱療法

痛みのある部分などは温めることで、血行を促進します。それにより、痛みを和らげることができます。

電気療法

機械を使って低周波、超音波などの刺激を与えることで、筋肉の萎縮(いしゅく)を防いだり、痛みを和らげたりします。

日常生活動作訓練

食事、着替え、排泄、入浴といった日常生活に必要な基本動作を少しでもスムーズにできるよう、訓練・指導を行います。

理学療法が必要な人

理学療法士による訓練が必要なのは、次のような人が挙げられます。

・ 先天性の身体的障がいを持っている人
・ 年齢を重ねたことで身体機能が低下した高齢者
・ 交通事故などで後天性の身体的障がいを負った人
・ 脳血管障がいの後遺症を持つ人
・ スポーツでけがを負ってしまったアスリート

…など

心のケアも重要

心のケアイメージ

理学療法士だけではなく、特に医療・福祉関連の職業ならみんなそうですが、身体的なケアはもちろん、心のケアも仕事の1つに挙げられます。

リハビリテーションを必要とする人は、身体を思うように動かすことができないもどかしさから、精神的な不安を抱えている場合が多いため、その部分をケアすることが大切です。

また、訓練の際には苦痛を伴うことも多く、それを和らげる意味でもコミュニケーションを通した心のケアは不可欠なものになります。

このページの上に戻る