理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

在宅ケア

病気やけがなど、なんらかのハンディキャップを負ってしまっても、施設などには入所せずに今までどおり自宅で生活したいと望む人は多いでしょう。そんな人に対して行うのが、在宅ケアになります。この在宅ケアの場合も、理学療法士が利用者の快適な自宅生活をサポートしていきます。

在宅ケアとは?

在宅ケア

在宅ケアとは、病気やけが、障がいといった様々な理由から自力での自宅生活が難しい場合に、家族または介護、医療、福祉、ボランティアなどに携わっている人々に協力・支援してもらうことで、自宅生活を実現するための手段になります。

在宅ケアの一環として、在宅医療というものがあります。自宅療養者の中には医学的な管理や医療処置が必要な人がいるので、そういった場合に、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、理学療法士などが協力し合って、適切な管理・治療を行います。

在宅ケアを受けられる人

在宅ケアを受けることができる人は、自宅での生活を望む寝たきりの人、または寝たきりではないけれど、自力または家族の介助があっても外出が難しい人です。

具体的には、次のような人になります。また、この他の場合でも医師が認めれば、在宅ケアを受けることができます。

・ 脳血管障がい、神経病、心臓病、呼吸器病などの慢性疾患を持つ人
・ 脊椎や下肢を骨折している人
・ 認知症の人
・ うつ病や精神障がいを抱えている人
・ 骨や関節の変形性疾患を持つ人
・ 常に点滴などの医療器具をつけている人

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

在宅ケアの中には、訪問リハビリテーションも含まれています。この訪問リハビリテーションでは、理学療法士が医師の指示の下、作業療法士や言語聴覚士とともに通院が難しい人の自宅に行き、機能回復訓練などを行います。

理学療法士をはじめとするリハビリ専門スタッフによって、機能回復訓練だけではなく、歩行、更衣、食事動作、トイレ動作など様々な訓練が行われます。また、介助者と本人両者にとって負担にならないような介助法の指導をするのも理学療法士たちの役目です。

訪問リハビリテーションは、利用者が実際に生活している場所で訓練を行うことができるので、より生活に密着したカタチでの訓練・指導が可能になることが大きな特徴と言えるでしょう。

このページの上に戻る