理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

福祉施設

高齢者向けや障がい児(者)向けなど、様々な福祉施設には、理学療法士にとっての活躍の場が多くあります。そのような福祉施設で、理学療法士は欠かせない存在となっています。身体機能回復をサポートするだけではなく、1人暮らしの高齢者などにとっては良き話し相手にもなり得るでしょう。

身体障がい者施設

理学療法士は、肢体不自由児施設、身体障がい者療護施設、重度身体障がい者更生援護施設などで働くことができます。これらの施設では規模の大小にかかわらず、理学療法士の配置が定められています。

肢体不自由児施設

身体機能に障がいのある児童に対し、治療を行って、日常生活に必要な知識や技能を身に付けさせる施設です。この福祉施設は、医療法では病院としても定められています。医師の指示に従い、理学療法士は他のスタッフと協力し、様々な訓練を行います。

身体障がい者療護施設

常に介護を必要とする身体障がい者が入所して、治療や介護のサービスを受ける施設です。”生活施設”とも言われ、理学療法士による機能回復訓練のほか、地域行事に参加したり、サークル活動なども行います。

重度身体障がい者更生援護施設

重度の身体障がい者が、家庭で日常生活を送れるようにする施設です。家庭復帰のための運動療法や指導などが、理学療法士によって行われます。

高齢者福祉施設

高齢者福祉施設

高齢者福祉施設は大きく、福祉系と医療系に分けられます。福祉系の施設には、特別養護老人ホームや養護老人ホームといった入所施設や、デイケアなどの通所施設があります。一方、医療系の施設では、老人保健施設や療養型病床群といった施設が挙げられます。

入所・通所している人の日常生活動作が少しでもスムーズになるよう、理学療法士が訓練を行います。また、老人保健施設などは介護や機能回復訓練に限らず、必要な医療も施してくれますし、介護保険が適用されることから利用する人が増えています。

デイケアセンター

デイケアセンターは、高齢者や精神障がい者に対して、デイケアを行うための通所施設です。デイケアセンターは病院に併設されていることが多く、理学療法士などのリハビリ専門スタッフが働いています。

高齢者を対象としたセンターも、精神障がい者を対象としたセンターも、その目的は利用者が自宅での生活を続けていけるようになること。そのために、理学療法士らによる機能訓練、医師・看護師による健康管理、それから個別活動などが行われます。

このページの上に戻る