理学療法士になりたい人のためのサイト なり★しり理学療法士

スポーツ関連施設

スポーツ選手の役に立ちたい!という思いから、理学療法士を目指す人も多いのではないでしょうか。ですが、スポーツ現場で活躍している理学療法士は、数少ないというのが現状です。とはいえ、スポーツ関連施設での理学療法士の必要性は高く、そういった場で働くこともできます。

スポーツトレーナーとして

サッカー

今のところ、国が認定するスポーツトレーナーとしての資格はありません。ただ、財団法人日本体育協会が行う試験に合格すると、アスレチックトレーナーと認められます。スポーツトレーナーとして働いている人の多くは、理学療法士の資格や医師免許、柔道整復師の資格などを持っている人になります。

というわけで、理学療法士の資格を持っている人は病院や福祉施設だけではなく、スポーツの分野にも活躍の場があります。Jリーグなどでは、専属の理学療法士がいるチームもあるようです。また、最近は大学の理学療法学科にスポーツトレーナーを目指すため、入学する人が増えています。

トレーニングセンター

ストレッチ

トレーニングセンターでは、理学療法士がトレーニング指導の専門家として、一般の人からプロのスポーツ選手まで指導しています。トレーニングセンターにはトップアスリートはもちろん、アマチュアのスポーツ選手、スポーツ愛好者など様々な人が訪れます。

理学療法士は、そういった人たちのトレーニング指導を行うのです。けがなくスポーツをするためには、正しいトレーニング法を身に付けなければいけません。理学療法士はマッサージなどのほか、効果的なトレーニング法のアドバイスなどをしてあげることができます。

リハビリテーション施設

みなさんは、スポーツリハビリテーションという言葉を知っていますか?このスポーツリハビリテーションとは、けがをしたり、故障したスポーツ選手が早期に完全復帰することを目指し、それぞれの状態に応じたリハビリテーションを行うものです。

スポーツリハビリテーション専門の医師がいる病院では、専用のリハビリテーション施設を備えているところがあります。そこで、医師や理学療法士の治療・指導の下、プロ・アマ問わず、数多くの選手がリハビリやトレーニングに励んでいます。このような施設に、理学療法士は必要不可欠な存在となっています。

このページの上に戻る